機械A 東京大学工学部
機械工学科

研究

機械工学のミッションは、「社会のための科学技術(Science and Technology for Society)」を実現し、社会の直面する複雑な問題を解決することにあります。高度に洗練された機械工学を基礎とした研究開発を進めるとともに、環境工学やナノテクノロジー、生体工学、医療工学などと融合して、産業システム全体への貢献を目標としています。また、地球規模の環境・エネルギー問題を考慮し、技術・人間・社会などの総合的視野に立って、ものを造り、価値を生み出すことを目指しています。このように機械系は、社会の基盤をなす機械工学分野の研究と教育を強力に推進することによって、安心・安全・健康で豊かな生活を実現し、世界の文明・文化の進歩に貢献する科学技術を発展させ、これらを支える技術者・研究者を育成することに日々邁進しています。

研究紹介

デザイン
設計工学・生産工学・材料工学

技術・人間・社会などの総合的視野に立って「もの」や「こと」を立案・創造し、価値を生み出すことにより社会や産業に貢献することを目指しています。今の機械工学の対象は、人工衛星、自動車、情報機器、MEMS/NEMS、分子構造制御など、大きさにおいてメガ、ヒューマン、マイクロ、ナノ・スケールの多岐にわたります。また、新しい素材を用いることにより、従来にはない機能を機械システムに発現させることもできます。さらに、審美性や感性などを機械システムの価値基準として用いることも重要です。これらの広範、複雑で、未知の問題に対し、最先端の科学・技術を駆使して、設計・デザイン・生産・加工・材料にかかわる研究・開発を行なっています。

自動二輪車の感性設計
研究室教員
創造設計工学研究室中尾 政之, 長藤 圭介, 上田 一貴, 趙 漠居
機械材料学研究室柳本 潤
設計工学研究室村上 存, 柳澤 秀吉
強度・信頼性研究室泉 聡志, 波田野 明日可
先端加工学研究室杉田 直彦
計測・センサ工学研究室ドロネー・ジャンジャック
表面機能工学研究室崔 埈豪
数理設計工学研究室山田 崇恭

エネルギー
熱工学・流体工学

先端的な実験計測や高精度数値解析に基づく、地球スケールから分子スケールまでの様々な流れ現象とそこで生じる熱や物質の移動現象の解明と制御、および、環境低負荷や高付加価値のエネルギーシステムで現れる様々な物理現象の理解し、エネルギー変換効率のさらなる向上を目指した研究を進めています。また、熱流体・エネルギーの知識を基盤として、新しいナノ・マイクロデバイスの創造などにも取り組み、豊かな社会の形成に貢献することを目指して、最先端の研究・開発を行っています。

自然エネルギー
研究室教員
伝熱・分子熱工学研究室丸山 茂夫, 千足 昇平
熱流体工学研究室鈴木 雄二, 森本 賢一
流体工学研究室高木 周, 杵淵 郁也
熱工学研究室大宮司 啓文,徐 偉倫
熱エネルギー工学研究室塩見 淳一郎, 児玉 高志, 浅野 悠紀
界面流体研究室ムテルドゥ ティモテ

ダイナミクス
機械力学・制御工学・人間工学・生体工学

機械力学と制御工学を基盤知識とし、対象に内在する物理現象の理解のためのモデリング技術、センシング技術の開発から、人間が使いやすい環境を目指した制御アルゴリズムの開発、ハードウェアとソフトウェアのシームレスな融合によるシステム化までを行っています。また、マイクロ~ナノスケールの諸物理現象や生命現象の理解を通じて新しい機械の創造を目指し、機械工学を応用した新しいバイオ分野の構築とバイオを応用した新しい機械の創造を目指しています。自動車、鉄道、ロボット、エネルギーシステムに加え、バイオ計測・診断技術・再生医療までの幅広い分野の最先端の研究・開発を行っています。

手術支援システム
研究室教員
生体機械システム研究室新井 史人
ロボティク研究室ベンチャー ジェンチャン
バイオナノテクノロジー研究室小穴 英廣
機械力学研究室山崎 由大
再生医工学研究室古川 克子
手術支援システム研究室原田 香奈子
生活支援工学研究室小竹 元基, 二瓶 美里
人間環境情報学研究室割澤 伸一, 福井 類, 米谷 玲皇
自動車の設計教育研究室伊藤 太久磨

社会連携講座

機械工学科では,企業との共同研究を通じて、多様化する社会に対応する技術の研究を進めるとともに、学術と社会の発展に貢献できる人材の養成を積極的に推進する社会連携講座を開設しています。

コマツ

企業サイ

コマツは日本最大手の建設・鉱山・産業機械メーカとして知られています.コマツと東京大学機械工学科は2007年より社会連携講座という枠組みを通して共同研究及び学生の教育に取り組んでいます.建設・鉱山・産業機械やそれらが稼動している現場で問題となっている課題に対して,東京大学の最先端の知識・技術を投入することで,これまでにたくさんのイノベーションを産業にもたらしてきました.これからも学術の世界だけでなく,真の産業の問題を解決できる人材の育成に取り組んでいきます.

AGC

企業サイトへ

AGCには,歴史の中で先人達が大切に磨き,培ってきた多彩な技術があります.これまでに「ガラス」「化学」「セラミックス」の各領域における材料技術と生産技術をベースに,建築用・自動車用ガラス,ディスプレイ用ガラスやフッ素樹脂などの領域で時代に先駆ける優れた製品を開発し,高い市場シェアを獲得してきました.これらの技術は,AGCの競争力の源泉であり,未来を拓く重要な資産です.東京大学・社会連携講座の最先端の知識・技術とAGCの技術の融合により,一緒に魅力的な価値の創造を目指しましょう.

トヨタ自動車

企業サイトへ

日本最大手の自動車メーカーであるトヨタ自動車との社会連携講座を2017年より開始しました.将来の自動車のための生産技術開発に取り組んでいます.次世代自動車の機械要素開発,工場の効率化技術開発などを通して,共同研究及び学生の教育に取り組んでいます.自動車を取り巻く世界的な動きのスピード感が増す中で,“大学の専門知識や柔軟なアイデア”と“トヨタ自動車の高い技術力やノウハウ”を融合することで,新しい技術創発に挑んでいます.

古河電気工業

企業サイトへ

古河電工は1884年の創業より,エネルギー,情報,熱を「伝える」,「繋げる」,「蓄える」ことを事業の柱とし,情報通信・エネルギーのインフラ分野,自動車部品分野,エレクトロニクス分野に多岐にわたる製品を展開してきました.世紀を超えて培ってきた素材力・コア技術(メタル,ポリマー,フォトニクス,高周波)・ものづくり力と,東大の保有する高度な技術・幅広い見識との融合,新価値の創出を目指し2018年2月に社会連携講座を開設しました.本講座ではIoT/AI関連技術の応用による「ものづくり」の革新,先端素材開発のイノベーションをテーマとして共同研究を行っています.

ソニー

企業サイトへ

ソニーと東大生で野心的なアイデアを共に生み出し、起業家精神をもって挑戦していく実践型の社会連携講座です。カリキュラムにソニーの「SonyStartup AccelerationProgram」の事業育成の枠組みを導入しているのが特長で、アイデアと仲間を集める「ワークショップ」、考え方とスキルを学ぶ「トレーニング」、チームで実証結果を競う「オーディション」から構成されます。本講座では、スタートアップとして事業化したいアイデアだけでなく、メディアアートや、社会課題解決のためのアイデアも広く募集します。

ダイキン

京セラ

クボタ

TOPICS

一覧を見る

学生の方へ

一覧を見る

Twitter