機械工学専攻 東京大学大学院
工学系研究科

塩見・児玉・浅野研究室の研究成果が工学部/工学系研究科プレスリリースで掲載されました。 

https://www.t.u-tokyo.ac.jp/press/pr2022-10-26-001

紙の100倍以上の高熱伝導性を有する木質バイオマス素材を実現 ―放熱性能を要求される高分子材料の代替え材として期待―東京大学大学院工学系研究科の塩見淳一郎教授、東京都立産業技術高等専門学校の工藤正樹准教授、東京大学大学院農学生命科学研究科の齋藤継之教授、スウェーデン王立工科大学のLundell Fredrik教授、Söderberg Daniel教授らの研究グループは、木質バイオマスから得られるバイオ系ナノ材料であるCNF(注1)を流体プロセスによって分子スケールで配向させながら酸を用いて固めた糸材が、セルロースナノペーパーなどの高熱伝導性を有する先端木質バイオマスの5倍以上、紙など従来の木質バイオマスの100倍以上の高熱伝導性を示すことを発見しました。

プレスリリース本文:

論文URL:https://pubs.acs.org/doi/10.1021/acs.nanolett.2c02057

TOPICS

一覧を見る

重要なお知らせ

一覧を見る

Twitter